みどりの樹について
みどりの樹について

みどりのについて

about

障害を持っていもいなくても、誰もが生き生きと暮せる街づくりの一端を担う
みどりの樹は、障がいのある方々のより豊かな地域生活の実現に向けて、様々な取り組みをしております。基本理念に掲げる「みんなが生き生きと暮す街に」という言葉には、障がいがある人もそうでない人も、ともに誰もが安心して自分らしく暮らせる「街づくり」を究極の目的とする想いを込めています。
したがって、この「みんな」には、障がいのある方はもとより地域に暮らすあらゆる方々、またみどりの樹ではたらく職員たちも当然含まれています。
生きづらさ、生活しづらさは障がいのある方に限らず、みな誰も少なからず抱えているはずです。それをお互い受けとめ、認め合い、支え合う社会の実現こそが、みどりの樹が障がいのある方たちの支援を通しながらこだわり続けるべきところだと考えています。
一方、支援活動そのものに目を向けた際、みどりの樹が最も大切にするのが、「個」であります。 障がいの程度が重いから軽いから、訓練サービスを利用しているから介護サービスを利用しているから、など客観視する状況によるのではなく、ひとりの「個人」であることを尊重しかかわり続けます。
その方が望む暮らし向き、やりたいこと、なりたい自分、そういったそれぞれから湧き溢れる、または滲み出るニーズを丁寧に察知し、より適切な支援の在り方を丁寧に検討し、提供することを心がけます。
また、そういった支援を実現するためには、支援者たる職員の仕事に対する自分らしい、やりがいを主体的に実感していくことが不可欠です。「一人の人の人生」に寄り添うことの重大さは心に留めがらも、だからこそのやりがいと、精進し続けるモチベーションを保ち続けられるよう、人材育成と、職員の「個」も尊重していくことを大切にしています。
充実した笑顔に満ちた支援がまた笑顔を呼び、その広がりで笑顔で溢れた地域になり、私たちみどりの樹もその一員であり続けることを願い、目指します。

様々な家族会運営の作業所をルーツに持つ社会福祉法人として、ご家族の支え、地域の皆様のご理解・ご協力なくしてはこれまでの活動は語れません。心よりの感謝を申し上げるとともに、これからも温かいご支援をよろしくお願い申し上げます。
皆様とともに、広い大地に大きなみどりの樹が根を張り、青々と元気な葉が茂るよう努力してまいります。
理事長 山下 勝康
法人の基本理念
corporate philosophy
「みんなが生き生きと暮す街に」
障がいをもっていてもいなくても
誰もが生き生きと暮らせる街づくりの一端を担う
法人の行動指針
corporate principle
「スマイル & ネバーギブアップ」
  • 利用者の笑顔、お客様の笑顔が、私たちの元気の源です
  • 利用者主体の視点を大切にします
  • 質の高い商品をお客様に提供します
  • 何ごとにもあきらめずに取り組むことを約束します
法人の概要
corporate profile
法人名社会福祉法人みどりの樹
代表者理事長 山下 勝康
所在地法人本部
〒434-0026 浜松市浜名区東美薗591番地1
電話番号053-584-6307
ファックス053-584-6308
設立平成13年6月29日
職員数正規職員:30名 非正規職員:25名 計55名(令和元年10月1日現在)
事業内容
  • 【障害者総合支援法指定サービス】
  • 就労移行支援・就労継続支援B型・自立訓練(生活訓練)・生活介護・特定相談支援・放課後等デイサービス
  • 【地域生活支援事業(委託事業)】
  • 障害者相談支援事業・地域活動支援事業Ⅰ型事業・日中一時支援事業
情報公開
access to information